敷きふとん・マットレス

敷きふとんで多くの方の肩こり腰痛が改善されています。

右の図は人が寝ている時の体重分布です。
こちらを見ると枕が8%に対して敷き布団は体重の92%を支えています。つまり理想の快眠ライン(当店では一番腰や肩に負担の少ない寝姿勢をこう呼んでいます)の92%は敷布団によって作られるということです。

枕を自身に合ったものに変えることも、もちろん大事なことですが、体重の92%を受け持つ敷き布団を見直すことでより多くの症状が解消されることがあります。

1つでも当てはまることがあれば是非一度ご来店ください!

  • 朝起きても疲れが残っている
  • 朝起きて肩や腰・背中が張っている
  • マットレスや敷きふとんは硬いほうが体に良いと思っている
  • 低反発のマットは体にフィットするので良いと思っている
  • マットレスや敷きふとんがヘタったのでその上に何か敷いている
  • 体格の違う二人で一緒にダブルサイズで寝ている
  • まくらを何回変えてもぐっすり眠れない
  • 10年以上同じマットレスや敷きふとんで寝ている

上記の項目に1つでも当てはまることがあれば一度ご自身の寝具を見直す必要があるかもしれません。
当てはまることがない場合でも気になっていることや不安に思っていることなどがございましたら是非一度ご連絡ください。

ご自身やご家族の健康のことを考えるのなら、まずは一日の3分の1を過ごす寝具を見直しましょう。
寝具のプロがお客様のお悩みにお答えいたします!

当店おすすめのマットレス、敷きふとん

整圧敷きふとん

日本睡眠科学研究所認定スリープマスターおすすめする、実績・実力No.1
寝具の老舗・西川の最適寝具理論から開発された新しいタイプの敷き布団「整圧敷きふとん」。
体圧分散や寝姿勢保持はもちろん、さらには寝床内気象の適正を高める機能を持ちます。

80,000円(税抜)~

&Free整圧マットレス

89%が「使いたい」と答えた&FREEの整圧マットレス

33,000円(税抜)~

コンディショニングマットレス

多くのアスリートから支持されている話題のマットレス
3層で支えたウレタン構造でバランスの良い寝姿勢を保持することができます。
また、湿気や汗を拡散・放湿することで睡眠中の不快感の軽減も実現しています。

38,000円(税抜)~

敷き布団を選ぶためのポイント

敷き布団を選ぶ前にこれだけは必ず知っておいてください!

「硬いふとんが体にいい」って言うけれど、実は‥。

う~ん、確かに間違ってはいませんが、単にこれを鵜呑みにして選んでしまうと失敗する確立が高くなりますので、正解とはいえません。「硬いふとんがいい」ということがすべての人に当てはまらないからです。

敷き布団のことを語る上で避けて通れない言葉があります。
それは「体圧分散性」です。
「体圧分散性」、聞きなれない言葉ですが、平たく言い換えるなら寝ているときの体重を効率よく分散し、なおかつしっかりと身体を支えてくれる敷き布団の性能のことです。

ここで、質問です。身長190cm体重100kgのAさんと身長150cm体重45kgのBさん。 同じふとんで寝てもよいものでしょうか?

答えは簡単ですね、絶対にダメです。
言われれば当たり前のことでも、実際の寝具売り場では誰でも同じ商品を薦めようとする傾向があります。

実際に、私たちが現場でお会いする特に腰痛・肩こりで悩んでご来店される多くが実際の体格に対して硬すぎるふとんに寝ている傾向があります。

また、最近は「低反発」「高反発」といったマットレスが増えてきていますが、 単に腰が悪いから「低反発や高反発がいい」というものではないことを知っておいてください。

体圧分散のサーモグラフ

  • 効率よく分散した状態
  • 腰に負担がかかっている状態

つまり、身長・体重などを加味しながら、あなたに合う硬さを見つける事が大切なのです。

寝姿勢は横寝がいいの?うつぶせがいい?

最近、さまざまな寝姿勢を提唱する方が多く、何を信じていいかわからない方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?仰向け・横寝・うつぶせ、それぞれの寝姿勢には長所短所があります。

そのためあえてこの寝方がいいと断定するのは控えさせていただきますが、まず重要なことは毎日使用する寝具である敷き布団・マットレスについてです。
それぞれの長所を活かすために仰向け・横寝・うつぶせなど、どんな寝姿になっても肩や腰に負担をかけず、しかも寝返りがうちやすい構造と素材になっていなければならないのです。
そんな敷き布団・マットレスをお探しの方は、是非当店までいらしてください。

最後に、当店のこのような考え方はオーダー枕と同じだと考えています。
一人ひとり合う硬さの敷き布団やマットレスは違う。なら、お客様の身長や体重などを考慮したうえで、ご提案する商品が変わるということです。
当店では最低でも3種類の硬さの敷き布団を実際に寝比べていただきながら、あなたに合ったものが選べます。

上記の選ぶポイントを基に、わたきゅうでは入念なカウンセリングを行い、あなたに合ったマットレス・敷き布団をご提案させていただきます。スリープマスター(眠りの専門家)がいるわたきゅうに、眠りのお悩みをどんどんご相談ください。

PAGE TOP