私たちの使命

その1
私たちは眠りの専門店として、あなただけの本当の快眠をご提供いたします。

そのために、睡眠のメカニズムや快眠を得るための寝具や寝具環境・寝室環境のことを日々探求し続けます。

世界中から”ほんもの”と呼べる商品を見つけ出し、その商品たちを愛し、熱い情熱を持って、お客様にその良さをお伝えしていきます。

また、私たちが取り扱う商品たちは「人と地球にやさしい」ものでなければなりません。

その2
私たちは売りっぱなしにはいたしません。

私たちの商いは、売って終わりではありません。
「買って頂いてからお付き合いが始まる」と考えております。
私たちが自信を持って選んだ商品たちと皆様が出会い、「寝るのが楽しみになった」「肩や腰も楽に寝れるようになった」など喜んでいただけるまで。
また、商品のお手入れを生涯私たちにお任せください。

商品をご購入いただいた後、一か月後、一年後、十年後。お客様に「良かった」と言ってもらえて、初めて私たちも「良かった」と笑顔になれるのです。

こんな風に思えるのは私たちが扱う商品を愛しているからこそ、商品は私たちの分身でもあるのです。だからこそ、その分身たちを皆様にご愛用いただきたいのです。使ってはじめてわかることがたくさんあると思います。

その3
私たちは、子どもの眠りにも妥協いたしません。

世界一睡眠不足といわれる日本の子どもたち。
文部科学省が提唱している「早寝早起き、朝ごはん」。家庭における食事や睡眠などの乱れは、個々の家庭や子どもの問題として見過ごすことなく、社会全体の問題として地域による、一丸となった取り組みが重要な課題となっています。

[眠り]を提供する私どもとしては聞き捨てならない課題です。
核家族化、共働き、就労体系の変化など、様々な社会環境の変化の弊害が子どもたちの眠りにも影響を与えています。
そのような環境の中で子どもたちの(赤ちゃんを含む)寝具はどのようなものが良いのでしょうか?残念ながら、今市場に多く売られている寝具は[洗える・清潔さ]ばかりが重要視されているように見えます。

清潔さは寝具においては大切なファクターであることは間違いありませんが、子どもたちの眠りの質を低下させては意味がありません。

その4
今の自分があるのは先代があってからこそ、先祖を敬う心を忘れません。

当店は私の代で7代目。最初の頃はいろんなものを売っていたようですが、私の祖父の代になり、綿の打ち直しをはじめ、いわゆる「綿屋」(わたや)としての商いが始まったと聞いています。昔は布団を作る時代。日本の家庭ではどこでもそうでした。

布団は中が見えません。
中が見えないからごまかしもできるし、なんでもできちゃう商売です。だからこそ、[信頼]が第一なのです。

昔は、お客様に「いい綿入れといてよ!」なんて言われて、ほとんどお任せで商売してたように思います。それだけ、信頼関係がないとできませんよね。

私も店に入って6年目。いまだに、「お宅のおじいちゃん(おばあちゃん)に世話になった」と言ってくださるお客様いらっしゃいます。「うちはおじいちゃんの代からずっと”わたきゅう”さんだよ」とうれしい言葉をいただくことも多くあります。

時代は変わりましたが、「綿屋」から「布団屋」。
そして今は「眠りの専門店」。形や装いは変わりましたが、お客様との信頼関係の上に成り立っていることだけは変わりません。

あと1つ変わらないことがあります。
祖父は自分で「これは最良だ」と思う綿を見つけ自社で工場を作り、綿の布団を作り、直し、商いをしてきたと聞いています。
また、父母は「良いものを選ぼう、暮らしの中へ」という想いで「自分たちがこれはほんものだ」と思える商品を提供する。という頑な姿勢で商いをやってまいりました。

まだ、商いの道に入って数年しかたっていない私が、「商いとは」などと申し上げることはできませんが、「お客様にとってほんとうに良いものを妥協せず追及する」というその精神は変わりません。

布団はどこでも買える時代になりました。
その一方で、「寝具をどうやって選んでいいかわからない」「とりあえず買ってはみたけれど、暖かくない、合わない』や『値段の差が良くわからない」と、どこでも買えることは生活を便利にしましたが、あまりに選択肢が増えすぎて悩んでいる人たちも増えています。

わたしたちが言えることは、「布団・寝具のことは専門店に聞け」です。
布団は当店で買ってくれとは言いませんが、まずはどんなことでもいいから、相談してほしいのです。
魚のことは魚屋さんが一番よく知っています。それと同じです。

最後に、「人生の3分の1は誰しも眠っています」だから眠りが一番大切と言いたいのではありません。睡眠のために眠るのではないのです。起きている時間をいかに充実させるかが眠りの本来の役割なのです。
私たちは寝具を販売することはもちろんですが、一人でも多くの人に『眠りの大切さ』に気付いてもらうことが、私たちの仕事であり、使命だと考えています。

以下にありますのが当店をご利用いただきましたお客様の声です。
わたきゅうスタッフ一同こういったお客様の声を宝物と思いこれからもお客様がどうしたら、“365日、ぐっすり”できるかを考え、ご提案してまいります。

七代目 美内信介

PAGE TOP

ご愛用者様のお喜びの声

※画像はクリックすると拡大出来ます。

PAGE TOP